【WALKMAN NW-A100シリーズ】購入をおすすめする人、しない人


ストリーミングWALKMANこと、WALKMAN NW-A100シリーズを買ってから約1週間。だんだんと良い点、悪い点が見えてきました。今までになかったコンセプトの商品だけに購入を迷っている人も多いと思います。そこで、購入をおすすめする人、おすすめしない人を、僕なりに考えてみました。



ストリーミングサービスを使わない人

そもそも論として、購入したダウンロード音源や、自分のCDからリッピングした音源だけしか聴かない人は、WALKMAN NW-A100シリーズを買う必要はありません。Androidベースではない、普通のWALKMANの方がおすすめです。その方がコスパ的にもバッテリー的にも満足感が高いでしょう。



有線イヤフォンで、WALKMANの高音質化機能をガンガン効かせたストリーミング音源を聴きたい人

「DESS HX」 によるアップスケーリングやノイズキャンセルなど、WALKMAN NW-A100シリーズならではの高音質化機能をガンガン使って、ストリーミングサービスの音源をお気に入りの有線イヤフォンやヘッドフォン(※以下、記事中はヘッドフォンとのみ記載します)で聴きたい。そんな人には、迷いなくおすすめです。これこそが、スマホではなくWALKMAN NW-A100シリーズを使う醍醐味です。ただし、色々な機能を使えば使うほど、バッテリーの消費は激しくなります。最低でも1時間あたり20%くらいの消費は覚悟しておきましょう。

ストリーミングサービスを利用しているiPhoneユーザー

個人的な感想ですが、音楽プレーヤーとしてのiPhoneの音質は、決して優秀なものではありません。iPhoneで聴くストリーミングサービスの音に満足できず、上記のように、WALKMAN NW-A100シリーズの高音質化機能を有線接続イヤフォンで使いたい人には、迷いなくおすすめです。ただし、バッテリーの消耗だけは覚悟してください。


では、Bluetoothイヤフォンでの使用を考えている場合はどうでしょうか。この場合も、僕はiPhoneの他に音楽プレーヤーとしてWALKMAN NW-A100シリーズを購入する意味はあると思います。

その理由は、iPhoneが対応しているBluetoothのコーデック(データを圧縮して無線で飛ばすための規格)にあります。Bluetoothとイヤフォンの接続には何種類かのコーデックがありますが、最新のiPhone 11シリーズでさえ、「SBC」と「AAC」というコーデックにしか対応していません。

「SBC」は一番古い規格で、標準的な音質とされています。「AAC」は「SBC」よりも新しい規格で、より高音質なコーデックです。2019年現在、iPhoneやiPadのApple製品は、この「AAC」での接続を基本としています。

しかし世の中には、「AAC」よりもさらに高音質とされる、「aptX」「aptX HD」「LDAC」といったコーデックが存在しています。WALKMAN NW-A100シリーズは、もちろん、これらの高音質コーデックにも対応しています。つまり、使用するBluetoothイヤフォンも「aptX」や「aptX HD」「LDAC」に対応している場合、WALKMAN NW-A100シリーズを使うことでの音質の向上が期待できるのです。

ストリーミングサービスをiPhoneのBluetoothイヤフォンで聴く音に満足しているならば、そのままでも問題はありません。しかし、「AAC」まででしか接続できないiPhoneの音に不満があるならば、より高音質なコーデックで接続するために、WALKMAN NW-A100シリーズを手に入れる価値は充分にあります。iPhoneとは違う、WALKMANらしい明瞭感のある音作りを感じられるのも嬉しい点です。ちなみに、僕自身が、まさにこの理由でWALKMAN NW-A100シリーズを買ったiPhoneユーザーです。


ただし、別記事で書いたように、現状ではWALKMAN NW-A100シリーズをBluetooth接続したイヤフォンで使う場合、細かい音量調整とイコライザのいずれかを諦める必要がある点は、注意が必要です。また、WALKMAN NW-A100シリーズが誇る、「DSEE HX」や「ClearAudio+」といった「音質設定」アプリも、Bluetooth接続時には一切使えないのも残念です。このあたりは、今後の改善に期待したいところです。


また、別の観点で、iPhoneはSDカードを挿せないため、ストリーミングサービスのダウンロード保存がストレージを圧迫して困っている場合も、WALKMAN NW-A100シリーズを持つ意味があるでしょう。




ストリーミングサービスを利用しているAndroidユーザー

有線イヤフォンをAndroidスマホに繋いで、ストリーミング音源を聴いている人は、上に書いた通りWALKMAN NW-A100シリーズの高音質化機能を使いたいかどうかでの判断となります。一方、AndroidスマホとBluetooth接続する無線イヤフォンでストリーミング音源を聴いている人の場合は、WALKMAN NW-A100シリーズを買い足す必要性は薄いです。

何故ならば、AACまででしかBluetooth接続できないiPhoneと違い、最近のAndroidスマホであれば、aptX以上のコーデックを使えるケースが多いからです。しかも、Bluetoothでの無線接続の場合は、WALKMAN NW-A100シリーズの高音質化機能が一切使えません。Androidスマホ以上の音質を期待して買っても、思ったほどの変化はない可能性が高いのです。

もちろん、SBCやAACにしか対応していないAndroidスマホを使用しているなら、iPhoneと同じ理由でWALKMAN NW-A100シリーズを買う価値はあります。高音質化機能は使えずとも、WALKMANの音作りに期待して買うのもありだと思います。また、スマホのバッテリー消費を少しでも抑えたい、外部メモリを使えないスマホのストレージを節約したい、といった理由で、スマホと音楽プレーヤーを分けたい場合も、購入する意味はあるでしょう。

それでも、Bluetooth接続のイヤフォン使用を前提に考えると、aptX以上のコーデックに対応したAndroidスマホユーザーがWALKMAN NW-A100シリーズを買い足す必要性は、相対的に低いのではないかと思います。




超小さなAndroid端末として使いたい人

WALKMAN NW-A100シリーズの一番の特徴は、OSにAndroidを採用していること。そう、サイズこそ小さいものの、立派なAndroid端末です。とはいえ、SIMは挿せないため、スマホのように通話はできないし、接続可能なWi-Fiがない環境ではデータ通信もできません。イメージ的には小さなスマホというよりも、超小さなタブレットです。



しかしです、超小さいとはいえ、実はそのディスプレイサイズはiPhone 3GSとほぼ同じ。WALKMAN NW-A100シリーズのディスプレイは、3.6インチで1280×720ピクセル、対してiPhone 3GSは3.565インチで480×320ピクセル。にわかには信じがたいですが、むしろiPhone 3GSよりもわずかに大きいほどで、解像度に関しては倍以上になっています。

となれば、音楽プレーヤーではなく、何かしらのマニアックな使い方ができる超小型Android端末として、隠れた人気になる可能性がありますね。



WALKMAN NW-A100シリーズは、こんな人におすすめ

ということで、ざっくりまとめると、WALKMAN NW-A100シリーズの購入をおすすめしたいのは、この3タイプです。


まずは、バッテリーの激しい消耗など物ともせず、WALKMAN NW-A100シリーズの高音質化機能を最大限に活用して、有線イヤフォンでストリーミング音源を楽しみたい人です。これこそ、WALKMANユーザーの鑑です。


次は、iPhoneで聴くストリーミングサービスの音質に不満があり、少しでもいい音を求めている、Bluetoothイヤフォン派の人。WALKMAN NW-A100シリーズの高音質化機能は使えずとも、Bluetoothのコーデックの関係で、iPhoneよりはいい音が楽しめるはずです。ボリュームの微調整とイコライザの併用ができない点は、今後の改良に夢を持ちましょう。


最後は、WALKMANとしてではなく、超小型Android端末として楽しみたい人。何に使えるのかすぐには思いつきませんが、何かしらマニアックな活用法があるはずです。


もちろん、それ以外の人でも、単純に面白そうだという理由で買ってみるのはありでしょうね。

(おしまい)


この記事をシェアする
  • B!

▼今週の人気記事

【WALKMAN NW-A100シリーズ】購入の理由と、使ってみた感想

【WALKMAN NW-A100シリーズ】通勤使用時のバッテリー消費を確かめてみた

【WALKMAN NW-A100シリーズ】SpotifyのダウンロードデータをSDカードに保存する方法

スピーカーのエッジ交換に挑戦!破れた穴を自分で修理してみた!

【WALKMAN NW-A100シリーズ】Bluetoothイヤフォン使用時の音量を、細かく調整する方法

トイレをDIYでタンクレス風に大改造 ~その1 部品作成編~